kihana's blog

韓国語勉強が趣味/日韓ハーフを育てるアラサーママ

【妊活体験記②】~自己流妊活期~

皆さんこんにちは!

kihanaです🌸

f:id:kihana123:20200313224245j:plain

 

前回の続きです☺︎

 

前回の記事はこちら!

www.kihana.work

 

では早速☺︎

今回は自己流妊活をしていた約半年間の振り返りです♩

 

 

自己流妊活時代

化学流産は妊娠ではないので、病院でも数カ月避妊したりする必要はないと言われ、

 

早速私は妊活に力を入れ始めます。

 

基礎体温

まずはこれでしょう!笑

妊活の基本、基礎体温

 

妊活でなくても、女性は基礎体温を測ることで

自分の体調管理がしやすくなるのでオススメです。

 

 

基礎体温とは?■

毎朝、起床時に安静な状態で計測した体温のことです。

4~5時間以上の睡眠から目覚めた時に測ります。

 

下の裏で測定するのは、体温の変動を最小限にするため。

体温計の先端を舌の裏の奥にある筋に当てて測ります。

 

もともと持っていた婦人用体温計と

 

新たに購入した基礎体温表、

 

そしてアプリを使って管理しました。

 

寝起きの起き上がる前に測らないといけないので、

 

寝ぼけ眼で横になったまま体温計をくわえ、体温をアプリに記録します。

 

私が使用していたアプリは、無料だと6ヶ月分しか記録できないので

 

私は1週間分くらいをまとめて手書きの基礎体温表に書き写していました。

 

使用していた基礎体温表はこちら。

 

 

コウノトリのものにしました☺︎

デザインがかわいくてテンションが上がる♫

 

基礎体温を測ってみて、

ちゃんと二層に分かれているので排卵してるんだろうな、ということがわかりました。

 

あとは体温がガクっと下がると本当に生理が来るのにびっくり笑

 

体温すご!と思いました。笑

 

排卵検査薬

また、こちらも妊活には欠かせない排卵検査薬。

 

最初は日本製のものを買っていたのですが、

 

なんといっても値段が高い;;

 

ということで、途中から海外製の物を購入していました。

 

日本製のはドューテストを使っていました。

 

尿をかけるだけなのでとってもらくちん♩

 

 

海外製はドクターチョイスを購入。

 

紙コップに尿を入れて、検査薬をつけます。

 

これが面倒なんだな。

 

でも安いから、もったいない!って思いながら使わなくて済むのでそこは良かった☺︎

 

私はノートに貼って、確認線の濃淡を比較。

朝と夜の2回やっていました☺

 

タイミング

排卵検査薬を使ってばっちりな日に、タイミングをとります。

 

排卵日の2日前が一番妊娠率が高いとのこと。

 

私たちは、とりあえず1日置きにタイミングをとりました。

 

幸い我が家はレスではなかったので、タイミングをとることに関してはそこまで大変ではなかったです。

 

排卵日を伝えると萎えるしやる気なくなるという人も多い中

 

そういうのが一切ない旦那でとても助かりました;;

 

 

漢方に頼ってみる

近所に漢方薬局があり、赤ちゃんが欲しい等の雑誌にも載っている所だったので、行ってみました。

 

確か基礎体温をつけ始めて3ヶ月くらい経った頃。

 

問診票に今の生活習慣等を書いて

「気」を見てもらいました。

 

気を見てもらうのは初めてだったのですが

何が見えるの?と思いつつも

これで妊娠するんだ!と期待感でいっぱい。笑

 

基礎体温表も見てもらって、現在の症状に合わせて漢方を処方してもらいました。

 

私は冷えている自覚がなかったのですが、

冷えているから湯船につかりなさいとか言われたなぁ。

 

あとは体温を見ると、若干高温期が短いのと

 

低温期から高温期への移行がスムーズでないと指摘されました。

 

当時、

高温期は約10日

移行には約4日

かかっていました。

 

でも漢方って高いんですよTT

 

月一で2,3万かかりました。

 

これを半年くらい続けたので結構な金額…

 

しかもイマイチはっきりした効果が得られず。

 

私には合わなかったのかなー

 

半年じゃ短すぎたのか?

 

とにかく金銭的に厳しくてやめました。笑

 

 

半年経過して不妊治療専門院に通院を決意

 

こんな感じで半年間過ごしてみましたが、

妊娠せず。

 

半年経って妊娠しなかったら病院に行こう!

と最初の段階で旦那に話していたので

 

不妊治療に特化しているクリニックを探し、

予約しました。

 

まさかの予約可能日が1ヶ月後…!

 

そんなに人がいるの?!

とびっくりしました。

 

私のクリニック選びは

①会社と家の間にあること

(会社帰りに寄りやすい、電車の定期で通える)

 

不妊治療に力を入れている

(後々のことを考えたら、最初から専門的にやっているところがいいと思った)

 

③口コミで評判が良い

(怖い先生とか無理)

 

④仕事終わりで間に合う時間までやっている

 

この条件で探しました。

 

まさか自分が不妊治療専門クリニックに行くとは…という感じでしたが

 

とにかく早く妊娠したい!と思っていたので早く行動したかったです。

 

28歳で1人目を生む!と高校生くらいから決めていたので(笑)クリニックを予約した時点でタイムリミットは残り数ヶ月。

 

結局その夢は叶いませんでしたが、授かることができればおっけー!と途中から目標変更。

 

 

旦那の反応

クリニックに通うことに、旦那は正直あまり賛成ではありませんでした。

 

旦那は、子どもはマストではなかったのです。

 

ただ、私が欲しいというので子どもがいてもいいかな?くらい。

 

そんなに急がなきゃいけないの?

仕事のストレスのせいで妊娠できないだけじゃない?

仕事辞めてみたら?

 

というような調子でした。

 

仕事は辞めたかったけれど、今後どれくらいお金がかかるかわからないという不安から、なかなか辞められず…

 

まとめ

こんな感じで、自己流妊活期間は終わりです。

この時点では、生理がきて泣いたりはしていませんでした。笑

 

ただ、何も問題がなければ半年で普通妊娠するよね?

絶対どっちかに問題があるはず!

早く知りたいTT妊娠したいTT

 

と、ひたすら気持ちは焦っていました。

 

 

次回は不妊専門クリニックに通う編です☺