kihana's blog

韓国語勉強が趣味/日韓ハーフを育てるアラサーママ

嫁は地獄?!韓国の旧正月の過ごし方

皆さんこんにちは!

kihanaです🌸

 

今回お嫁さんは鬱になる…と言われる韓国の旧正月についてです☺笑

 

私も韓国の義実家で旧正月を過ごしたことがありますが、

とてもカルチャーショックを受けました笑

 

(今年は妊娠しているため、私は日本でお留守番)

(旦那さんだけ帰省します)

(楽だけどここにいていいのかな)

 

 

旧正月とは?

旧暦の1月1日のことで、韓国語で설날(ソルラル)といいます。

 

旧暦なので毎年日にちが違うのですが、大体1月下旬から2月上旬くらい。

 

ちなみに2020年は1/25が旧正月になるので、1/24-27が韓国は祝日となっています。

 

韓国旅行の際はこの日と旧盆(チュソク)を避けないと、

せっかく行ったのにお店が全部閉まってる!

 

ということになってしまうので、チェックが必要です。

 

何をするの?流れについて

(あくまで韓国の一家庭の過ごし方です。家庭ごとに違います!

数日前に家の掃除をしてピカピカに

韓国は親戚付き合いが日本より濃厚です。

おじいちゃんの兄弟の家族まで皆で集まります。

 

私はおじいちゃんの兄弟会ったことない…

日本だとなかなかお正月に遠い親戚まで集まることって、珍しくないですか?

 

そして皆が自分の家に来るので、家の掃除をします笑

私なんて旧正月に帰省して一番最初にやったのが、家の掃除でした笑

 

雑巾がけすごい頑張りましたよ。笑

 

市場に買い物

お母さんを筆頭に皆で買い出しです。

私の義実家は釜山なので、海産物がたーくさん!

 

市場は旧正月の準備で人がごった返しています。

 

写真撮りたかったけど、何となく気が引けて撮れなかった笑

一応手伝い要員で行っているわけで、、、観光じゃないし…笑

 

料理を作る

とにかく大量につくります。

義実家では恐らく30人分くらい…?作っていました。

 

ただ、外人の嫁に気を使ってくれて(?)

私に料理させないように、到着時にはほぼ出来上がっていました。

 

私は韓国の伝統料理全く作れないし、教えるの面倒だったのかな←

義実家の皆さん優しくて、準備は掃除くらいしかしませんでした。

 

当日は朝早くから準備

親戚のおうちを回るので、早起きです。

7時には最初のおうちに到着するように家を出ます。

 

ちなみに、おじいちゃんの兄弟の上から順番に回っていきます。

1番上のお爺ちゃん家→2番目のお爺ちゃん家→といった順番です。

 

義実家は親戚が皆あまり離れていない場所にいるため、1日で終わりますが

 

遠方の場合は連休中に数日かけてまわる家庭もあるようです。

 

それぞれの家でご先祖様に挨拶

ご先祖様に挨拶をすることを祭祀(チェサ)といいます。

日本語で言うと法事かな?

 

これを、韓国では旧正月と旧盆でも行います。

 

決まった料理を作って、子孫達(男性のみ)がお辞儀を2回します。

これをそれぞれの親戚の家で毎回やります。

f:id:kihana123:20200123174752j:plain

↑料理はこんな感じ

 

この時、女性陣は部屋の端に寄って立ってその様子を眺めています。笑

宗教色が強くてびっくりしました。

 

ちなみに、これはキリスト教の人はやりません。

 

親戚にキリスト教の人がいるのですが、

その方はやっていませんでした。

 

家族で宗教が違うなんて違和感ですが、そういう人もいるんだとか。

 

食事

上にある写真の食べ物をばらして笑

皆で食べます。

 

ちなみにこれも、親戚の家ごとに食べます。

胃がはちきれるyo

 

これとは別に、お正月の定番떡국(トックク)というお餅スープを食べます。

これを食べないと歳をとれないと言われています。

そろそろ歳とらなくていいから食べるのやめよっかな←

 

(韓国は数え年なので、みんなお正月に歳をとります。)

 

韓国のお年玉、セベットン

お年玉のことを세뱃돈(セベットン)といいます。

セベとは年上の人に挨拶のお辞儀をして、何か言葉をもらうことです。

 

そのお辞儀をしてからお金をもらいます。

しないともらえません。笑

 

なので子どもたちは、一生懸命お辞儀をします。かわいい

 

挨拶回りが終わったら、お墓参り

お墓参りは日本と同じです。

日本より、ロッカー式(?)のお墓が多いです。

ロッカーの扉が透明なガラスになってるものです、伝わりますかね…

 

お墓参りをしたら、これにて終了です。

 

 まとめ

こんな感じで韓国の旧正月を過ごします。

大変なおうちだと、準備を嫁がほぼやらないといけないとか

ものすごい可哀そうな話もききます…

 

幸い私は恵まれていて、外国人だから?か軽いお手伝いしかしません。

 

しかしどっと疲れます。笑

 

釜山は方言もすごいし、聞き取って会話するのだけで大変かつ

私の人見知りも相まってとにかく1日終わるとぐったりです。

 

結婚って大変だ…笑

 

でもこういった異文化体験も、国際結婚だからこそできる経験。

そう考えると少し楽しめる気がします。

気がするだけかな笑